手がつるとつらいものです。手がつる原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

手がつる原因は動脈硬化症状の血行不良


手がつる原因というのは、身体の一部分である手に、負荷がかかるためにつりやすくなるのもあります。


また、暖かい所から寒い所へと移動するときに、急激な温度差が原因もあるみたいです。


急激な温度差で、筋肉が痙攣したり収縮したりして、手がつる(指先が痙攣したりする)ようです。


また運動するときに、準備運動しないで動いたために、突然負荷がかかり、手がつるらしいです。


身体の準備が出来ていないためも、手がつる原因の1つに入ります。


運動のしすぎのための、筋肉の疲れなどや温度差が激しいために、筋肉が痙攣します。


そのために手がつる事も原因の1つです。


仕事などで長い時間同じような姿勢で、同じような作業をこなしていると血行が悪くなる。


血行が悪くなることが1つの原因で、手がつるみたいです。


食生活や生活の中での栄養素の不足、水分補給が足りない事が原因でも筋肉が痙攣します。


カルシウムや酸素が足りない、又は水分補給で血液がドロッとして血行が悪くなるのも原因。


運動の前には準備運動していて、身体の負荷には気をつけていて仕事の時も休憩は身体を動かしている。


それでも、手がつるという場合には指先までのどこかが、動脈硬化症状を おこしている事もあります。


動脈硬化症状も血行不良になります、手がつる原因と考えられます。


この動脈硬化症状の場合は、病院で血管造影(血管を映し出す)検査を受けるとわかるみたいです。


ですが、頻繁に手が痙攣したりしてつる場合、糖尿病や腎不全といった病気がある場合もあります。


なかなか頻繁に手がつるけど原因がわからない、といった場合には血管造影(血管を映し出す)検査や、血液検査を含めて検査を受けてみて下さい。