左後頭部が痛みだしたら怖いです。左後頭部の痛みの原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

左後頭部の頭痛の原因《早急を要するもの》


左後頭部に頭痛が起きる場合には、合わせて他にでる違和感(症状)によっては、命に関わってくるのがあります。


左後頭部の頭痛は、血管が健康な状態でない事が原因の場合のものがあります。


眼が関係しているらしいもの、命には関わらないが左後頭部の頭痛に関係しているものにわかれています。


とくに、ほっとくと重症になってしまう、脳の病気が原因のものをあげてみます。


*《解離性動脈瘤》


片側のうなじから、後頭部にかけて急に痛みが起きる場合に、原因として考えられる病気。


急に動いたはずみで急に動いた時や、スポーツの際になることもあります。


後頚部(クビの後ろ)から後頭部にかけての頭痛。


回転性を(目が回る?)かんじる、めまい等の症状がある時もあります。


解離性動脈瘤は、くも膜下出血や脳梗塞の原因になることもあります。


*《くも膜下出血》


何かにあたったような、何かで殴られたような感じの激しい頭痛がします。


症状は、左後頭部(後頭部)に、ズキズキやガンガンという感じで頭痛がします。



《くも膜下出血》は脳内の血管の一部に、動脈瘤が出来ています。


そして、脳内の動脈瘤が突然やぶれた事により、出血が起きて激しい頭痛が起きる病気です。



早急に治療が必要です、動脈瘤が、再びやぶれる再発の危険があります。


*《脳腫瘍》


脳腫瘍は朝起きた時に感じる強い頭痛。


次第に日数が経つごとに、何日か・何ヶ月か経つごとに次第に強くなる感じの頭痛が症状の病気です。


また吐き気が無いのに、突然吐いたりします。


左後頭部の頭痛にある場合には、脳の病気が原因で早急を治療が必要です。


すぐに病院にいかれて、治療や検査を受ける事をおすすめします。