手がだるいのはつらいものです。手がだるい原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

手がだるい原因は胸郭出口症候群


手とかがだるく感じたりするとなんだか、やる気がなくなってくるんですよ。


というか、どうしてもいろんな場面で手を使っていますからね。


腕とかがだるくてはいろんなことに支障がでるわけです。


水道の蛇口をひねるのだってある程度、握力がないと困ります。


そもそも、手がだるかったら手の力も出せないのではありませんか。


というか、手がだるかったことは何度もあるんですけどね。


パソコンをやっているとキーボードの叩きすぐて手がだるくのなんてしょっ中です。


趣味で小説なんか、書いているとペンを握りすぎてだるく感じることもあるんです。


まぁ、原因さえ分かれば対処法があるんです。


なにはともあれ、手がだるくなるのは勘弁したいものです。


ただ、パソコンでのデスクワークで起こる手足の違和感なんですが、胸郭出口症候群というんですよ。


理由は腕や首に負担をかけすぎるということなんです。


神経や血管が圧迫されるんです。


痺れや倦怠感、それに脱力感があるといいんです。


しかもこの症状ですが、なで肩の女性に多いんだそうです。


肩を凝りやすい人もそうです。


毎日のデスクワークの負担も関係があるのです。


治しすためには整形外科を受診するのが一番です。


確実なんですが、とはいうものの、場合によってはそこまでしなくてもという事もあるかもしれません。


というか、そこまでにならないように予防措置をとればいいんです。


なるたけ、休憩時間を設けて、その間、軽いストレッチをするんです。


これだけでも筋肉がほぐれるのではないでしょうか。