女性の悩み、バストが垂れ下がってくるを解決しよう、バストアッブの方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

ストレッチでバストアップしましょう


大胸筋や前鋸筋(ぜんきょうきん・肩甲骨と肋骨を繋ぐ骨)が発達している人は、男女ともにバストアップした体型をしています。


大胸筋の上には、皮膚と靭帯で支えられたバストがありますが、そのベースとなる大胸筋を強化するとバストアップできます。


また、前鋸筋は胸骨や肋骨と繋がっているので、この筋肉が硬く縮んでしまうと猫背になりやすく、その結果背中が丸ってバストが小さく見えたり、形が崩れたりします。


「大胸筋のストレッチ1


バストアップには、ベースとなる大胸筋を高く吊り上げる事が大切です。


①体の後ろで両手を組みます。②組んだ両手を上に持ち上げていきます。


少し上を見ながら、肩甲骨を中央に引き寄せる感じでストレッチします。


「大胸筋のストレッチ2


①床にあぐらをかいて座り、両腕を肩の位置まで水平に上げるます。


②両肘を90度に曲げて、手の甲を自分の方に向けます。


③肩から肘までは水平を保ち、肘下だけを上げ下げして動かします。


胸の筋肉が動くのを意識して20回行います。


「胸郭のストレッチ」


脇の下の筋肉が硬くなると、バストが垂れてきます。


①脇腹に片方の手を添えて、もう片方の腕は真っ直ぐ上に伸ばします。


②その状態から、脇腹を押さえている腕側へ体を曲げていきます。


脇腹を伸ばす感じで、左右共に10回行います。


胸郭のストレッチはタオルを使うのも良いです。


①肩幅程度に両足を開き、両手でタオルの端を握って、腕を真っ直ぐ上げます。


②タオルを左右に引っ張って、体を横に曲げていきます。


脇の下の筋肉を伸ばす感じでストレッチします。