血尿はとても怖い物ですね、血尿の原因を知って、病気の早期発見をしよう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

血尿の原因はいろいろあるので早急に病院へ行こう


トイレに行っておしっこをすると、普通はうすい黄色です。


しかし、橙色だったり赤色だったりすると血尿の可能性があります。


血尿の原因は、いろいろあります。


風邪をひいたり、激しい運動をしたり、体が疲れていても血尿が出る場合があります。


また、ストレスでも血尿が出るとも言われています。


しかし、血尿がでたときは早急に病院へ行くべきです。


血尿の原因は、いろいろな病気が考えられるからです。


赤ちゃんや乳児や幼児が男の子で血尿の場合は、皮が小さくすりきれていることや尿の中に尿酸塩が含まれて血尿にみえることがあります。


また、血尿の色が薄いピンクやワインのような鮮やかな赤色なら尿道から膀胱までの出血、コーヒーやコーラのような黒い赤色なら腎臓からの出血の可能性があります。


血尿が最初から最後までなら腎臓や膀胱からの出血、血尿が最初だけなら尿道からの出血、血尿が最後だけなら前立腺からの出血の可能性があります。


女性に多いのは、膀胱炎で血尿以外にも残尿感や頻尿や排尿後の痛みなどの症状もあらわれます。


排尿中に焼けるような痛みを感じるのは尿道炎で、腰や脇腹やお腹などに激痛を感じるのは尿管結石で、これらも血尿の原因になります。


やっかいなのは、血尿だけで他の症状が出ない病気もあります。


腎臓癌や尿管癌や膀胱癌や前立腺癌は初期では、無症状のことが多いので血尿が出たら、一時的なものでも早急に病院に行きましょう。


そして、血尿の原因が何なのかを早くみつけるべきです。