血尿はとても怖い物ですね、血尿の原因を知って、病気の早期発見をしよう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

年代別で多い血尿の原因


血尿が出る原因で、わかっているものは腎臓からの、オシッコの通る尿路に原因があるという事。


すべての年代層で、血尿の原因としてあがる疾患に《尿路感染症》があります。


尿路感染症は、腎臓からオシッコの通る尿路の中で、細菌感染したために血尿が出るようです。


尿路が細菌感染しておこる症状には、膀胱炎や尿道炎があります。


それ以外では、年代別にも違いもあります。


二十代までの年齢で、血尿が出る原因には《急性尿路感染症》《急性糸球体腎炎》《先天性尿奇形》が多いようです。


二十代から四十代までの年齢で、多い血尿の原因には《急性尿路感染症》のほかにも、《尿路結石》(血尿以外に痛みも伴うもの。)や《膀胱腫瘍》などがあります。


年齢が高くなっていくほど、血尿以外にも痛みを伴う尿路結石のリスクがあがりやすいみたいです。


四十代から六十代になってくると、男性の場合には《前立腺肥大》による血尿。


女性の場合には《腎下垂》での、血尿もみられ始めます。


また、性別を問わす四十代から六十代では、《腎孟尿管腫瘍》や《腎腫瘍》などの、腎臓での疾患で血尿も多いようです。


すべての年齢で、これ以外に激しい運動の後などに、血尿が出るみたいです。


ですが、激しい運動後の血尿と思われるものは、運動で壊れた筋肉の中の細胞の、血液中に溶けでたものです。


ミオクロビン(酵素分子代謝細胞)、ヘモクロビンなどが、激しい運動で障害を起こしてのもの。


ですが、激しい運動後の血尿?は、医学的には血尿ではないみたいです。


検尿の時に血尿があって、医師から疾患を告げられたら、年代てきにも気をつけて参考にしてみて下さい。