足がつるとつらいものです。足がつる原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

水分やミネラル不足が足がつる原因


久しぶりに運動したとき、激しい運動をしたとき、立ちっぱなしの仕事の後、夜眠った後などに突然足がつるなんて経験をしたことはありませんか?


足がつると、とても痛いですし、治まった後もしばらく痛みが続く時もあって辛いですよね。


足がつったりするのは、誰でも1度は経験していると思いますが、1度足がつってしまうとクセになる可能性があり、悩んでる方もたくさんいると言われています。


つった状態は、筋肉が異常収縮や痙攣が起こった状態のことを言います。


足がつる原因は、運動不足、筋肉の疲労、水分不足、血行不良、ミネラル不足、妊娠中とさまざまな原因があります。


よく足がつるのであげられるのは、水泳やマラソンなどの激しい運動をしたときで、筋肉を使い使いすぎて、エネルギーの補給が追いつかなくなり、乳酸が筋肉にたまることが原因で足がつると言われています。


また、運動をすると、筋肉の疲労の他に、水分やミネラル不足が重なることで足がつる原因となります。


ミネラル不足は、筋肉を動かすにはミネラルが必要で、運動などで汗をかくとミネラルが不足して、筋肉がうまく働かなくのが原因で足がつると言われています。


夜中、睡眠中に足がつるのは、ほとんどが筋肉の疲労が原因と言われています。


足がつる症状が、頻繁に起こるような時は、病気の可能性もあります。


糖尿病や動脈硬化、椎間板ヘルニア、高血圧などの場合もありますので、頻繁に足がつる場合は、1度、専門の医療機関などで、医師に見てもらうことにして下さい。