足がつるとつらいものです。足がつる原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

カリウムイオンとナトリウムイオンのバランスが崩れることが足がつる原因


夜寝ていて目が覚めたり。何かスポーツをしていたり。


足を思いっきり伸ばしたりしたときに、足のふくらはぎのほうがこわばって「アイタタタ!」となった経験はありませんか?


きっと誰しも足をつった経験があることでしょう。


とくに小学校や中学校の授業中にプールで泳いでいて足をつったことがある経験をしたこともあるのではないでしょうか?


ちなみに足がつったりする原因の一つとして、筋肉の異常収縮があります。


私たちが手で物を握ったり、足を上げて歩いたり、走ったりできるのは脳が筋肉を動かす信号により。筋肉が収縮することによって自由自在にカラダを動かすことができます。


しかし、足がつる状態は正常に筋肉が収縮せず。筋肉が異常に収縮することにより、痛みが起きるのを俗に「足がつった」といわれる症状です。


これが足がつる、というメカニズムなのです。


では、なぜ筋肉の異常収縮が起こるのか?


それは人のカラダの中にあるカリウムイオンとナトリウムイオンのバランスが崩れることにより、うまく筋肉に脳からの情報伝達が起こらないことで筋肉の異常収縮が起こるのです。


筋肉の異常収縮はスポーツをしているとき以外でも、普段の日常生活の中でも起こり、その原因としては筋肉の疲労や、運動不足。運動中の水分不足および、カラダの中の電解質の異常によってうまく筋肉が収縮しないことで足がつります。


足がつらないようにするためには充分なストレッチや、水分を多くとることが足をつることの予防になるので、「自分は足がつりやすいなー」と感じる人はぜひ実戦してみてはいかがでしょうか?