歯のヤニは、落としにくいもの、歯のヤニの落とし方を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

重層で歯のヤニを落とす


タバコを吸う人にとって、歯にヤニが着くのは、大きな悩みですよね。


普通に歯を磨いても、キレイに落ちませんし、必ずといっていいほど、歯の内側にはびっしりヤニがこびりついていますよね。


前歯にもヤニは付着しやすいですし、ヤニが気になって、笑うとき手で口を隠してるって方も多いのではないでしょうか。


歯のヤニの落とし方には、歯医者で落としてもらう方法と自宅で落とす方法があります。


歯医者で歯のヤニを落としてもらう場合は、ホワイトニングやジェットクリーニングで落とすことが多いようです。


ジェットクリーニングとは、専用の機械で、塩や水の粒子を勢いよく、ジェットのように歯に吹きかけて歯のヤニを落とします。


スポンサードリンク



この方法は、保険外なので、少し料金が高いですが、とても効果があり、歯もツルツルになります。


毎回、歯医者に通うのは面倒くさいし、あまりお金をかけてくないという方は、自宅で落とす方法もあります。


歯のヤニとり用の歯みがき粉で歯を磨く。


ヤニとり用の歯みがき粉には、安いのから高いのまであって、安いものだと、研磨剤で歯を白くするものが多いです。


高いものだと、研磨剤を使用せず、天然素材を使用して、歯を傷つけずにヤニを落とします。


効果が出てくるのに、2週間程度かかります。


他にも、超音波歯ブラシを使ってヤニを落とす方法もあります。


これは、超音波の力でヤニの付着力を弱める効果があります。


こちらも、何度も使用することで、効果があります。


また、重層で歯を磨く方法もあります。


重層には、口臭や虫歯予防にも効果があり、こちらも、2週間ほど続ければ、ヤニが落ち、歯の白さが戻ります。


薬局やスーパーで、手軽に手に入れることができ、ベーキングソーダー、炭酸水素ナトリウムといった名前で売っています。


自分に合った方法で、歯のヤニを落として、綺麗な歯を保ちましょう。