目の下のたるみは老けてに見えます。目の下のたるみをとる方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

目の下のたるみは、肌状態にあったケアーから


目のしたのたるみは、肌の栄養補給不足・筋力やはりがおちたり、なくなったりでもできます。


肌の状態で大切なのが、《うるおい「潤い」》《はり「ハリ」》《だんりょく「弾力」》《けっしょく「血色」》です。


その中でも、《弾力》と《ハリ》《うるおい》が 大切です。


《だんりょく「弾力」》が不足していると、つまんでも痛くなかったり、あつくつまめないと思います。


弾力不足を補うためには、コラーゲン成分エラスチンが入った美容液を使って、繊維質細胞を強くしてあげます。


最近はコラーゲン飲料も出ています。


体内からのコラーゲン補給にも、コラーゲン飲料もいいかなと思います。


肌を押して戻る力がなかったら、コラーゲンやエラスチンの含まれる美容液を。


寝る前には、シットリしたクリームを使って不足しがちな油分も合わせて補給しましょう。


次に《ハリ》の不足も補ってあげないと、下がった目元はピンッとは戻りません。


スクラブ洗顔で、肌の表面をケアーしてあげます。


朝晩のお手入れで、水分・油分・栄養分を補給してあげます。


ハリのケアーには、コットンを繊維質にそってさいて化粧水で、パックしても効果があります。


日頃のお手入れは、下から上に指で温めて下まぶたの全体につけていきます。


目頭から目尻までを、優しく往復しながら伸ばし、コメカミから外と目尻から目頭にと引き上げします。


その後軽く指先で目のまわりを、軽く刺激して目尻を上下に開いて、シワを軽くたたいて入れるようにします。


栄養分を肌に補給して、下から上にで目元のたるみをリフトアップしましょう。