お酒の飲み過ぎは、体に良くありません。お酒の止める方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

自分の体を知る事でお酒を止める


お酒ってなかなか辞めることができませんよね。 特に毎日、晩酌をされている方は、これが習慣となっていますのでやめることは難しいことだと思います。


辞めたいけど辞められないというのは、 一つの中毒症状と言えます。


特にお酒は、人生を破壊することもあることを認識しなければいけません。


アルコール依存症という言葉があるように、 自分の意思では辞めることができない言わゆる中毒症状となり、自分だけではなく廻りに迷惑を掛けてしまうことも珍しくありません。


それでは、お酒を辞めるにはどうすればいいのか。


まず、お酒は毒物であることを認識しましょう。


実際に、お酒は毒性があります。


禁酒を成功させるには、まずこの認識をしっかり頭に叩き込むことが大切なのです。


しかし、自分に都合のよい考えを持ちな かなか辞めることができない人もいます。


お酒は適量を飲めば体に良いとか、 仕事の付き合いでしょうがなく飲んでいる、など一種の甘えた考えを持って辞めることができない人も沢山います。


そういった考えを持ち続け、最終的には取り返しがつかない現実が待っていることも認識すべきなのです。 


明日から辞めようとか、もう一杯飲んだら辞めようという甘い考えは全て取り除く必要があります。


毎晩、晩酌を続けていて辞めることができない人は、お酒の適量を間違いなくコントロールできない人なのです。


大切なのは、自分で自分の体をよくわ かっていないことです。


手に負えなくなっ て初めて後悔することが大半なのですから、そうならないようにしっかり今の原状を客観的に見つめる必要があります。