咳は辛くて人に迷惑をかけます、咳の止める方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

咳を止める方法は背中を温める


咳が出るのは、とても辛いですよね。


咳をすると思った以上に、体力を消費してしまい、体が疲れてしまいますよね。


しかも、夜になると咳が酷くなり、寝れなくなる経験をしてる人も多いのではないでしょうか?

 

原因は、夜になると副交感神経が優位になり、気管支が収縮しやすくなり、気道が狭くなるので、咳が出やすくなります。


咳を止める方法は、背中を温めるのが良いと言われています。


肩甲骨の間を温めると、咳に関する神経や風邪などに効くツボがあるため、そこを温め、マッサージなどをすることで、咳の症状が和らぎます。


他にも、咳を止めるツボには、尺沢、天突というツボがあります。


尺沢は、即効性があるツボで、肘の内側の上あたり、真ん中よりやや親指側にあります。


そこを強めに押すと、症状が和らぎます。


天突は、鎖骨の間のくぼんだ所にあります。


そこを、下に向かって鎖骨の裏側を押すイメージで押します。


このツボは即効性があり、喉の痛みや咳や痰に効果があります。


また、咳を止める方法には、温かい飲み物を飲むのも、効果があります。


咳をすると、喉が乾燥してしまいます。


乾燥すると、さらに咳が酷くなってしまいます。


温かい飲み物を飲むことで、体が温まり、蒸気によって喉が潤い、加湿効果があります。


冷たい飲み物は、刺激によって、気管が収縮してしまい、咳がさらに出てしまうので、なるべく避けましょう。


他にも、温かい飲み物にハチミツなどを混ぜて飲むと、より効果があります。


ハチミツには、抗酸化作用や抗菌作用がありますので、喉の奥の症状を和らげてくれます。


大人は、スプーン2杯ほど入れて飲むと良いと言われています。


また、一才未満の乳児に与えるのは避けて下さい。


これで、辛い咳の症状を和らげ、ぐっすり眠りにつきましょう。