咳は辛くて人に迷惑をかけます、咳の止める方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

マスクで咳をとめる


風邪をこじらせると、咳だけが続いてしまう事があります。


長引く咳は、体力を奪いますし辛いですよね。


私も去年、夏風邪をひいた時に、熱や頭痛はすぐに治ったのに咳だけがずっと治らなかった事があるんです。


その時は、一度咳が出始めると、なかなか止まらなくて本当に辛かったです。


特に睡眠中に咳が出ると、朝まで続いて眠れない事も多々ありました。


そんな日が続くと、さすがに体力を奪って仕事にいくのも辛くなってしまいました。


そこでどうにかして咳を押さえる方法がないか調べたところ、乾燥していると咳が出やすいそうなので加湿するようにしました。


具体的には夜はクーラーをつけないで寝る。


クーラーをつけるとそれだけで乾燥するので、喉には大敵です。


それと、枕元にはお湯をいれたやかんをおきました。


これで、幾分かは加湿効果がありましたね。


それと一番効果があったのが、マスクです。


マスクをしていると、乾燥から喉を守る事が出来るので、咳が出にくくなった気がします。


最初の頃はマスクをしたままだと呼吸が苦しかったんですが、慣れれば気にならずに眠る事が出来ます。


普通のマスクで効果がなければ、濡れマスクを試してみて下さい。


マスクに濡らした綿を入れて使うのですが、これは結構効果ありますよ。


それでも、咳が続く場合は寝る格好を工夫しましょう。


状態を起こして寝ると咳を落ち着かせる事が出来ます。


例えば、背中にクッションなどを当てて少し状態を浮かせるんです。


それだけで呼吸が楽になり咳こもる事も少なくなるので是非試してみてください。