下っ腹が出ているのは、みっともないもの。下っ腹が痩せる方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

下っ腹を痩せるには、腹筋運動が効果的


消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いと、脂肪となって蓄積されます。


その脂肪の中でも、下っ腹は一番最初につくので、太ったと気づかされる部分ではないでしょうか。


私も、毎年正月明けになると、下っ腹に脂肪がついてしまうんですよね。


そこで正月が終わると、1ヶ月間みっちり体を絞り込んで元に戻すようにしています。


私が実践している方法は、腹筋運動と有酸素運動です。


腹筋運動といっても、何種類もあるのでいくつかの腹筋を組み合わせてやっています。


下っ腹を鍛える腹筋は、まず、仰向けになって両足をそろえます。


次にそろえた足をまっすぐ伸ばしながら、自分の顔の手前くらいまで持ち上げます。


そして3秒ほどキープして、ゆっくり元に戻します。


戻した時は床に足をついてはいけません。


ぎりぎりの所で踏みとどまって、また同じ動作を繰り返していきます。


この腹筋は、下っ腹を重点的に鍛えられるので、通常の腹筋運動と合わせて取り入れてみて下さい。


次に有酸素運動ですが、体力がある方はジョギングをオススメします。


ジョギングの良いところは、外の空気を吸ったり景色を見ながら運動出来るところです。


また、消費カロリーも高いので、沢山走ればそれだけ沢山カロリーを消費出来ます。


効率的に脂肪を燃やしたい方はジョギングがオススメです。


先ほどの腹筋と組み合わせてやれば、短期間で体をしぼる事が出来るために、一ヶ月本気でやれば、5キロ以上痩せる事も可能です。