痰が続くと辛いもの。痰の止める方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

乾燥を防ぐことが痰を止める


痰が喉に絡んでいると、とても気になりますよね。


痰は、体に入ってくるさまざまな不要なものを絡めとるためにあるものなので、常に体の中で痰は作られています。


健康で体が正常に機能しているときは、サラサラな痰がでているので、気づかずに飲み込んでしまいますが、なにかしら体に異常があり、痰が黄色かったり、喉の奥に痰があって気になる場合は、肺や胃、喉が炎症している可能性があります。


痰がでる原因は、人によってさまざまな原因があり、それによって対処法も違います。


主な原因として上げられるのは、風邪や気管支炎、気管支喘息、ハウスダストやタバコの吸いすぎです。


このような場合の、痰を止める方法は、まずは、乾燥を防ぐことが大切です。


乾燥すると、風邪を引きやすくなり、喉を痛める原因になります。また、ハウスダストも舞いやすくなるため、充分な加湿をしましょう。


次に、部屋を清潔に保ちましょう。


部屋が汚いとハウスダストが舞い、気管支炎や気管支喘息を引き起こす可能性があります。部屋の掃除はマメにやりましょう。


タバコを吸ってる方は、タバコの本数を減らす、又は、禁煙しましょう。


タバコをやめると、痰がでなくなることを実感する方が多いと言われています。


他にも、自然治癒を高めると、体が強くなり、風邪などの病気にかかりにくくなるため、自然治癒力を高めましょう。


ストレスを溜めないことや十分な休養、バランスのよい食事、十分な睡眠で高まると言われています。


また、痰に血がまざっていたり、なかなか症状が良くならない場合は、医療機関でちゃとした診断をしてもらいましょう。