しゃっくりは続くと、辛い物です。しゃっくりの止める方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

本当にに止まる!しゃっくりを止める方法


しゃっくりを止めるとき、地域によって多くの異なる方法が知られていますが、本当にしゃっくりが止まる方法はなかなかありません。


ですからしゃっくりを止めるには、ほとんどの人が自然に止まるのを待つと思います。


有名な方法として、『ビックリすれば止まる』と言う方法ですが、ビックリするのもなかなか大変です。


また、『しゃっくりが止まるまで息を止める』と言う方法も、息苦しくて、これも大変です。


それに、しゃっくりを止めたい人全員に、効果があるわけでは有りません。


そこで、私が知っている方法の中で、『しゃっくりが止まらない人全員が止まった方法』を紹介したいと思います。


その方法とは、『頭の中で「味噌汁」と10回息を止めながらつぶやく』という方法です。


この方法は、息を止めた状態で“頭の中で”「味噌汁」を早口になっても良いので、必ず10回つぶやきます。


そして、その後にゆっくりと呼吸をします。(10回つぶやいた後すぐに、呼吸をし始めても全然構いません。)


この方法のポイントは、『必ず10回つぶやくこと』と『必ず「味噌汁」であること』です。


なぜ10回かと言うと、短すぎると息が出来ないだけで、しゃっくりを止める効果が出ないからです。


しゃっくりを止めるには、もっとも適した数もであり、キリがよい数字でもあるからだとも聴いています。


そして、なぜ「味噌汁」なのかと言うと、「味噌汁」と言うリズムがしゃっくりを止めるのに、もっとも適しているからだそうです。


他のどの4文字の単語よりも「味噌汁」はしゃっくりを止める率が、高いからなども理由に上がっています。