冷え性はつらいものです。冷え性の原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

ホルモンバランスの崩れで冷え性に


夜、布団に入っても足が冷えて寝つけなかったり、夏でも靴下が欠かせなかったり、下半身は冷えるのに頭はのぼせるなどの症状を訴える人も多いでしょう。


また、冷え性は身体が冷えるだけで命に別状があるわけではないと思っていたら間違いです。


確かに直接命にかかわる事はありませんが、冷えは身体のあちこちに様々な不調を引き起こします。


もし、自分が今悩んでいる症状も、もしかしたら冷えが原因かもしれないので、決して冷え性をあなどってはいけませんよ。


冷え性とは、本来はホルモンバランスの崩れやストレスが原因で、自律神経の働きが乱れ、抹消血管に循環不全が起きた状態の事を言います。


女性の性周期は卵巣から分泌される女性ホルモンにより作られていますが、その卵巣は脳の下垂体からのホルモンによってコントロールされていて、下垂体も視床下部から出るホルモンでコントロールされています。


ところが、卵巣の働きが悪くなりホルモンの分泌が低下すると、もっと働かせようとして下垂体や視床下部がフル回転します。


視床下部は自律神経のコントロールも兼ねているので、これが狂うと自律神経にも影響を与えて冷え性になるのです。


冷え性は身体の内部に問題があって起こるものですが、それ以外にも運動不足やダイエット、冷たい飲み物の摂り過ぎなども原因になります。


このような事からも、元々は冷え性ではない人でも身体が冷えて体調がおかしくなってきますので、内と外から身体を冷やさないようにするのが大事です。