冷え性はつらいものです。冷え性の原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

自律神経の乱れが冷え性の原因


冷え性は、とても辛いですよね。


冷え性になると、手や足などがいつでも冷たいですし、寒い季節になると、布団に入っても手足が冷たくて眠れない、暖かい場所にいても、なかなか体が温まらないなど困ることばかりで悩んでるいる人も多いと思います。


冷え性は、男性より女性のほうが多いと言われています。


冷え性の原因は、自律神経の乱れ、血行不良、基礎代謝の低下、運動不足、ダイエットなどが上げられます。


自律神経の乱れとは、ストレスや不規則な生活などによって、自律神経がうまく機能できず、体温調節ができなくなるのが原因と言われています。


血行不良とは、きつい下着や服、靴などによって、血の流れが悪くなり、体温調節がうまくできなくなるのが原因と言われています。


運動不足や筋肉の少ない女性は、筋肉運動による発熱や血液の流れがが少なくなるので、冷えを引き起こすと言われています。


他にも、冷たい飲み物や食べ物を好んで摂取している人は、冷え性になりやすいと言われています。


冷たいものを摂取すると、内臓が冷え、内臓が冷えることで、体が全体が冷えて、脳が内臓を温めようと血液を内臓がに集中させ、手足などが冷えてしまうことになります。


なるべく、常温の物や温かい物を摂取しましょう。


ダイエットは、間違ったダイエットをしていたりすると、栄養のバランスを崩してしまい、冷え症の原因となることがあります。


冷え性をそのまま放置していると、肩こりや頭痛、腰痛、むくみ、生理痛、不眠、不妊などのさまざまな症状を併発する可能性がありますので、早めに冷え性を治しましょう。