体がだるい原因から病気を見つけましょう。体がだるい原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

オルチニンが不足すると体がだるくなる!!


誰でも、体がだるくなることってありますよね!?


原因は、仕事の疲れや睡眠不足、低血圧など、人それぞれ違うと思います。


うつ病や自律神経に障害があったり、貧血など、病気などからも体のだるさはくるようです。


そんな中、今回『オルチニン』という言葉を知りました。


オルチニンとは、体の中で出来る必須アミノ酸のことです。


この必須アミノ酸は、体に害があるアンモニアなどを肝臓で尿素に変えてくれる作用があるそうです。


その為、このオルチニンが不足すると体がだるいなどの症状が出るみたいでした。


オルチニンが不足すると、体に害するものを尿素に変えられず、体の中に残ったままになってしまうからですかね!?


そうならない為にも、オルチニンを不足しないためにも、食生活を気を付けることが大切のようです。


しじみやキハダマグロやチーズには、オルチニンが多く含まれているそうなので、こういった、食べ物をたくさん食べるのも効果があるんじゃないですかね!!


その他にも、オルチニンのサプリメントもあるようなので、そういうのも利用してみるのもいいと思います。


でも、食生活でオルチニンを多く含んだものを食べたからといって、肝臓の働きが悪ければ尿素に変えてくれることが出来なくなってしまうので、肝臓の管理もきちんとすべきだと思います。


アルコールなどは、肝臓に一番害すると思うので、出来ることなら控えるべきか、お酒を飲む量などを減らすなどの改善をするといいと思います。