舌の痛みだすと怖い病気もあるのです。舌の痛みの原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

舌が痛い原因のいろいろ


舌が痛い原因は、いろいろなのがあります。


一般的に知られてるのが、《炎症》で出来る《口内炎》といわれてる物。


《アフタ性の口内炎》


体質的なものもあるといわれています。


また入れ歯の不具合、虫歯のための影響もといわれてます。


それから、白いコケやカビの生えてくるもの。


《カンジタ》


健康体で正常な人でも、身体の中には非病原性のが見られる。


ですが口の中がきれいな状態でないので、カンジタの舌になる場合。


糖尿病の場合は、糖尿のため《カンジタ》もあります。


それ以外にも、健康状態がよくない時にも《カンジタ》になる場合もあるみたいです。


また、身体に入ったウィルスや感染症のために舌が痛くなってしまう事もあるみたいです。


《猩紅熱(しょうこうねつ)


咽頭の感染症。


A型の溶血性連菌にかかって、舌の乳頭部分が腫れイチゴ舌になります。


さらに、悪化すると舌全体が痛くなって、飲み込めないや呼吸困難になったりします。


《あから舌》


表面が赤くなり、指すような痛み、灼熱感などを感じたり口が乾燥したりする症状がでます。


舌がツルツルになって舌が赤くなり、口角炎がでる《鉄欠乏症》に似ているといわれています。


ですが、欠乏症の症状が原因で舌が痛い場合は、舌がしみたり口の中が乾燥する特長もあります。


《亜鉛欠乏症》の症状は口腔乾燥と、味覚異常があるみたいです。


《先端がヒリヒリする舌》で、舌の先端部や縁がピリピリ・ヒリヒリしみる場合。


その他にも、喉が腫れる症状や慢性的な炎症。


この舌の痛みは、更年期障害などで気持ちがイライラしてでる時、出やすいみたいです。


いろいろと舌が痛いのも原因があります。


長く続く場合に、早く解決をと思ったら、一度口腔外来を受診してみて下さい。