体がだるい原因から病気を見つけましょう。体がだるい原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

体のだるさの原因は疲れの蓄積


体がだるくなるのは様々な要因があると思いますが、多くは「疲れ」によるものでしょう。


日頃から体のケアをしていないと、疲れが蓄積して体がだるいと感じるようになります。


ですから、そうなる前に毎日出来る範囲で自分の体のケアをする事が大切です。


例えば、忙しいからといって夜お風呂に入らずに朝シャワーで済ませる人。


夜お風呂に入らないで寝ると、その日の疲れは抜けきりません。


入浴は体を温めると共に疲労回復効果があるんです。


ですから、疲れがたまっている時は忙しくてもその日のうちにお風呂に入ってから休みましょう。


入浴中に体をセルフマッサージする事も効果があります。


デスクワークの人は肩や腰をお風呂の中で優しく指圧します。


そうすると血行もよくなりますので、筋肉も解れますし、心地よい睡眠状態を作り出す事も可能です。


そうすれば、翌朝の疲労感がかなり違うと思います。


また、食事も大切です。


体がだるくなる原因は、栄養の偏りもあるんです。


カップラーメンやスナック菓子ばかりの食事ですと、疲労回復に効果的なビタミンBが不足してしまいます。


ビタミンBが不足すると、少しの事でも疲労感を感じるようになります。


ですから、積極的にビタミンBを接種すると、体のだるさも感じなくなるかも知れませんね。


ビタミンBの多く含まれる食材は、ずばり「豚肉」です。


ですから、疲労がたまりやすい体質の人は、一日に一度は豚肉料理を食べましょう。


そうする事で、疲労回復効果があるので、体のだるさも軽減出来ると思います。