足がだるいのはつらいものです。足がだるい原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

エコノミー症候群が足がだるい原因


足がだるいという経験をしたことはありますか。


長距離を歩いたり、または激しい運動をするとこういった症状が現れますが、何もしていないのに足がだるいと感じることは日常で実は普通に起きているはずなのです。


特に、デスクワークの多い人は注意が必要です。


私は、仕事の大半がデスクワークですが、週末になるとこういった足のだるさを感じます。


若いときは起こりませんでしたが、年齢を重ねるごとに酷くなっているように感じます。


まず、この足のだるさの原因は血流の乱れから起こることがあります。


デスクワークを想像してください。足を動かすことがあまりないこういった仕事のスタイルだと、血流が悪くなり常に足に負担を与えているのです。


エコノミー症候群という言葉がありますが、正にそういった感覚に近い症状が出てくるのです。


この症状の回復方法ですが、その方法はとても単純で、一時間に一回は足を動かしてください。


もっと言えば、フロアー内でいいので歩くようにしてください。


そうすることで、足にたまった血液が動きだし、足のだるさが随分回復するでしょう。


また、女性もデスクワークではくても足のだるさを訴える人が沢山います。


その原因の大半が、締め付けられるような靴を履いていることです。


一定に場所に常に圧がかかっていることで、足の血流がとても悪くなるのです。


こういった症状の回復には、お風呂に入る前と、寝る前にしっかり足の裏から太ももまでをマッサージしましょう。