足がだるいのはつらいものです。足がだるい原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

足のむくみが足がだるい原因


お仕事帰りや、思いっきり遊んだ帰りは足がだるくて上がらない、なんだか足が張っている感じがする、という方が多いのではないでしょうか?


これは足に毒素や水分が詰まり、血流が悪くなっている状態、つまりむくみによるものです。


足がむくんでいると、だるいだけではなくいたむこともあり、見た目も足が膨らんでいるようになってしまいます。


むくみの原因は、立ちっぱなし、座りっぱなし、冷え、塩分の取りすぎなどが主な原因と言われています。


ヒールで仕事に出かけ、行き帰りは電車で立ちっぱなし、仕事はデスクワークで、昼食はほとんど外食、、、こんな毎日を送っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?もちろん、むくみ改善にはこの生活を変える必要がありますが、仕事はなかなか帰られませんし、食事をヘルシーなお弁当にする時間もない人が多いと思います。私もそうです。


しかし、ちょっとした軽い運動を休憩時間にしたり、昼食に一品とり入れるくらいでも、だるい足のむくみを改善できるのです。


一つ目、一時間から二時間に一回、膝の屈伸をしてみて下さい。


膝裏を伸ばすことで、足の血行促進になります。


これなら、トイレに言った時、喫煙所に行った時、簡単にできますよね。


二つ目、食事にカリウムをとり入れてみましょう。


これはレタスなどに多く含まれています。


カリウムは塩分を排出してくれるので塩分によるむくみを防ぐことができます。


三つ目は、寝る時や入浴後に足をさすってみましょう。


この時、足首の方から太ももの付け根に向かってさすると、足に溜まった毒素がリンパ節から排出され、足がすっきりします。


とくに、膝裏と太ももの付け根は体のゴミ箱と言われるほど、リンパ節が集まっているので、優しくマッサージしてみてください。


マッサージは痛気待ち良いくらいが良いと言われています。


この三つを心がけるだけで、足がむくみにくくなってきますよ。