高血圧は、いろいろな病気を発生させる怖い病気です、血圧を下げる方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

お酢などを使って、上手に減塩で血圧を下げよう


塩分が多い食事は血圧が上がる、高血圧になるとよくいわれます。


病院の高血圧の治療食は、減塩の調味料を使って計量したりします。


食事も治療のうちに入るので、減塩のために薄味の食事。


もう1つお酢などを、上手に使って減塩してくださいと。


お酢は日本では調味料、使って料理する事は多いと思います。


食塩を使うかわりに、柑橘系の果物を使ったり、 お酢を使うとサッパリしていて、薄味の物足りなさを埋めてくれます。


梅干しが塩分が多いかなと思いますが、魚と一緒に入れてにると酸っぱさが、薄味でも美味しくしてくれます。


最近は、お酢もテレビで使い方をCMしたりしています。


でも《お酢》もいろいろありますが、それだけじゃメニューがマンネリしてしまいます。


その対策がスパイスと香味野菜(日本では薬味とも呼ぶ物)です。


料理するときに、塩のかわりにカレー粉をつけて焼いたり、揚げたりしても美味しくなります。


薄味で足りない麺類の時には、粉末状の唐辛子を少し振って食べる。


生姜をお酢に混ぜて、醤油を少し入れてドレッシング、合わせ酢にしてもいいかなと思います。


クエン酸の多い柑橘系の果物やお酢を、血圧を下げる手助けする食材と食べる事で血圧が下がります。


最近は薬膳メニューや身体に優しい料理や、身体にいい食材が注目されています。


減塩の物足りなさを補う、柑橘類とお酢(米酢・黒酢、バルサミコ酢・ワインビネガー)


スパイスのカレー粉・コショウ・唐辛子。


香味野菜で、日本では薬味と呼ばれる生姜・青ジソ・ニンニク。


上手に使って、減塩で血圧を下げるようにしてみましょう。