O脚はみっともないもの。O脚の治す方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

O脚を自分で改善する方法


日本人の2人に1人が「O脚」だと言われています。


私も子供の頃からO脚で、最近はますますその隙間が大きくなってきたような気がしています。


それもそのはず。


O脚は、足だけの問題ではなく、骨盤の歪みが1番の原因であり、人間は年齢と共に骨盤がどんどん歪んでいくからだそうです。


骨盤の歪みを矯正するには、整体師にお願いするしかありません。


ですが、整体に通うのは難しい人は、自分でO脚を改善していきましょう。


O脚の最大の原因、骨盤の歪みの矯正体操をご紹介します。


骨盤は、開いたり閉じたりするものす。


ですが、歪んでいると、骨盤が開きっぱなしになり、体重が外側に流れてしまいます。


そのせいで、骨盤に繋がっている足の関節も外側に曲がってしまうのです。


しかし、骨盤を閉じてしまうだけでも良くありません。


1日の内で朝に閉まり、夜に開く骨盤の開閉をスムーズにする体操をしましょう。


足の親指をくっつけた状態で、かかとを90度開きます。


腕を肩の高さまで上げ、前でクロスさせましょう。


この時、親指が離れないように注意して、ひざをくっつけて、足を曲げます。


また腕を肩の高さに戻す時、足も親指をつけたまま、元に戻します。


次は、かかとをくっつけた状態で立ちます。


先程の体操と同じように腕を前でクロスする時、今度は外側にひざを開きます。


そして、腕を戻したら足も戻します。


この体操を、それぞれ3回ワンセットで1日に2~3回行うと、骨盤の開閉がスムーズになってきますよ。


骨盤の歪みは手強いものです。


気長にこの体操を続けてみてください。


ですが、痛みを感じたらやめてくださいね。