高い身長はあこがれ。身長を伸ばす方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

身長を伸ばすために、気をつける事


身長が伸びるためには、子供の成長期の時の生活が関係しています。


身体の骨格がズレないように気をつけて、適度な運動をする。


部屋でゲームばかりして、姿勢や視力の悪くなるよりは、外で運動する方が伸びるようです。


思春期や成長期は、発育を促進してくれる《成長ホルモン》が作られています。


夜更かしはせず夜は21時には就寝して、出来たら真っ暗にします。


成長ホルモンは夜の22時から2時に多く作られて、分泌されて発育を促します。


《寝る子は育つ》は、思春期が終わるまでの、すべての子供に共通点としてあるみたいです。


そしてぐっすり、深く寝るために、寝る前には間食をしない。


間食してしまうと、胃の中の消化のために、一晩胃は休まりません。


バランスのとれた食事を三食とるためにも、就寝前の間食はダメです。


次に就寝前に興奮しない。


寝る前のテレビやテレビゲームなどは、血糖値が上がりよくないです。


成長ホルモンは、血糖値が高いと分泌が悪くなるらしいので、就寝前は気をつけてください。


そして最後は身体を作るのに必要な栄養です。


身長が伸びない理由が、《成長ホルモンの分泌異常》による物でない場合、食事も関係します。


栄養をバランスよく取れていない。


間食が食事の量より多いかもしれない。


食事で、カルシウムの多い食品(乳製品・海産物)、マグネシウムの多い食品(生アーモンドな落花生・豆製品、ほうれん草・インゲン豆、カツオ)、亜鉛を多く含む食品(カキ・納豆、和牛と豚のもも肉、豚レバー、ホタテ)をバランスよくとる。


カルシウムとマグネシウムを合わせてとる。


亜鉛とビタミンDもバランスよくとって、健康的に身長を伸ばしてください。