偏頭痛はつらいものです。偏頭痛の原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

偏頭痛の原因は頭の血管が拡張すること


偏頭痛は、痛くてとても辛いですよね。


頭痛を経験したことがない人は、ほとんどいないと思います。


頭痛の中でも、偏頭痛の人はとても多く、日本人の約8%が偏頭痛で悩んでいると言われています。


男性よりも女性のほうが4倍、偏頭痛持ちが多いと言われていてます。


偏頭痛が起こると、仕事が手につかなくなったり、集中力もなくなる、動くことごできなくなるなど日常生活に支障がでてきますので、なるべく偏頭痛が起こらないようにしたいですよね。


偏頭痛の原因は、頭の血管が拡張することで、炎症を起こし痛みがでると言われています。


頭の片側や両側、後頭部などが脈うつようにズキズキ、ドクドク痛むのが特徴です。


偏頭痛の原因は、血管が拡張することが原因なので、偏頭痛が起こらないようにするには、血管を拡張させる原因を知る必要があります。


血管を拡張させる原因は、ストレス、月経、寝不足、眠りすぎ、温度変化、気圧変化、アルコール、騒音、光、などが上げられます。


ストレスは、ストレスで頭の血管が収縮して、その後にストレスから解放されることで、拡張してしまうのが原因です。


月経は、女性ホルモンが影響していると言われています。


温度変化は、季節の変わり目やお風呂に入ることで、血管が拡張するのが原因と言われています。


気圧の変化は、雨などの低気圧が影響して収縮し、その後に拡張するのが原因と言われています。


アルコールは、血管を拡張させる作用がありますので、偏頭痛を起こす原因になります。


他にも、チョコレートやチーズなども偏頭痛の原因となります。


偏頭痛が起こると、光や音に敏感になる人が多く、暗い場所で安静にしていれば症状がやわらぐ人が多いようです。


頭痛には、さまざまな危険な病気も潜んでいます。


いつもと違う痛みを感じたら、放置せず、すぐに病院に行くようにして下さい。