偏頭痛はつらいものです。偏頭痛の原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

ホルモンのバランスが偏頭痛の原因


偏頭痛がおきて頭が痛くなる原因は、医学の世界でも実ははっきりしていないらしいみたいです。


そのため偏頭痛がおこる原因も、いろいろと言われているみたいです。


それ以外での偏頭痛で、女性が月経時の周期によるホルモンのバランスで、偏頭痛に悩まされる方が多いみたいです。


この女性特有の月経時の偏頭痛は、原因がわかってるみたいです。


偏頭痛をおこすもとになっている、神経伝達物質であるセロトニンが影響しています。


卵巣ホルモン(エストロゲン)の減る、排卵日以降にエストロゲンが一時的に減っています。


そのため、神経伝達物質のセロトニンの影響を受けやすくなるために、偏頭痛がおきやすくなる。


コレが月経時の周期に、偏頭痛がおきる原因ではないかということです。


月経時以外の偏頭痛については、こうじゃないかという仮説です。


いずれの仮説の説にも、神経伝達物質であるセロトニンが関係しているようです。


ストレスからくる原因などから、神経伝達物質のセロトニンが異常なくらい増えていく。


セロトニンが、平常時では考えられない過度の血管収縮を繰り返させるために、炎症を起こして偏頭痛になっている。


といわれる、血管からの仮説。


もう1つが血管の周辺部分にあるという、神経の三又神経がストレスからくる刺激で、刺激される。


そのために三又神経が、平常時よりも過度に拡張や(伸縮)炎症をおこすために偏頭痛がおきる。


三又神経の神経からの説からの仮説があります。


いずれにしても、偏頭痛の原因には、神経細胞が異常なくらいの過度に活発な活動し、血管か神経におきる炎症らしいようです。