偏頭痛はつらいものです。偏頭痛の原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

偏頭痛の原因と仕組み


日本人の全人口のうち偏頭痛に悩んでいる割合は約8パーセントと日本人の国民病といっても過言ではないぐらい多くの人が偏頭痛で苦しんでいます。


さらに、男性に比べて女性が偏頭痛で悩んでいる割合は4倍ともいわれ、特に女性が偏頭痛で悩んでいる割合は多いといわれています。


さて、そんな偏頭痛ですがその痛みの原因は頭の血管が過度に拡張することだといわれています。


人間の頭には多くの血管が通っており。その血管の中に流れる血流の変化によって人は頭に痛みを感じやすくなっています。


ちなみに、頭の血管の収縮はストレス過多や女性の場合はホルモンバランスの崩れなどによって脳から分泌されるセロトニンという物質が異常に増えることが偏頭痛を引き起こすと考えられています。


このセロトニンが増えることによって、血管を太く拡張させた後。その血管を縮小させまた、過度に拡張をさせたり血管を変化させ続けます。これが原因によって、腫れや炎症を起こし、頭痛が起きるというメカニズムになっています。


また、血管の周囲を取り除き、顔面の知覚・甲筋の動きをつかさどる三叉神経がストレスなどの強い刺激を受けることによって血管を拡張させたり、脳内物質として刺激物質を放出させて血管の過度な拡張と血管の周囲の炎症が起こり偏頭痛が引き起こされるとされています。


さらに、こういった偏頭痛は病院の検査では中々わかりにくく、検査をしてもらっても異常がでないこともあるため、医師に対してきちんと症状を伝えることが重要になってきます。