偏頭痛はつらいものです。偏頭痛の原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

血管が拡張することで偏頭痛が起こる


偏頭痛の主な原因は頭部の血管が広く拡張してその血管周辺が炎症を起こすことによって痛みが発祥することを偏頭痛を呼ぶそうです。


ちなみに、この偏頭痛は病院での検査でもなかなかその原因がわかりづらいため、医師に自分の症状をきちんと説明しないと偏頭痛の解決は難しいとされています。


また、女性の偏頭痛の割合は男性よりも多く。


その割合は男性の4倍以上の女性が偏頭痛で悩んでいるという医療データーもあるほど。


しかし、偏頭痛の主な原因ははっきりしておらず。


現在は偏頭痛が起こる原因には一般的には二つの説が論じられています。


まず、頭部の血管が拡張することによって偏頭痛が起こるとされる説をご説明しましょう。


血小板からセロトニンと呼ばれる血管を収縮される作用をもつ物質が脳から放出されることによって、いったん脳の血管が収縮します。


その収縮した血管が時間とともに分解されていき、どんどんと収縮していた血管が逆に拡張するために、血管周辺に炎症が起こり偏頭痛が起こるという説があります。


また、三叉神経が血管に影響を及ぼすとされている三叉神経血管説もあり。


これは脳神経の中でももっとも大きい三叉神経と呼ばれる、顔面周辺の感覚をつかさどる神経が偏頭痛に関与しているという説です。


ストレスやホルモンの活動など何らかの刺激により、三叉神経が刺激されることにより。三叉神経の末端から血管を拡張させるさまざまな神経物質が脳から分泌されることによって、血管が拡張してしまい、脳を圧迫したり。


血管が拡張した結果として脳神経に炎症を引き起こし、激しい痛みが起こり偏頭痛になるという一説もあります。