偏頭痛はつらいものです。偏頭痛の原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

三叉神経が偏頭痛が起こる原因


実はこれだけ科学が進歩しているにも関らず、偏頭痛の原因は100パーセント判明していません。


なので、病院にいって「わたし偏頭痛なんです……」と言って検査してもらっても、何の異常も見つからないこともあります。


それぐらい、偏頭痛の原因についてはあまりわかっていません。


今まで脳の中にある神経伝達物質である、セロトニンが脳の中の血管を収縮させたり、拡張させたりして脳を圧迫することから脳に炎症が起こり偏頭痛がおきていたという説が有力ですた。


ちなみに、このセロトニンを受け取るセロトニン受容体にもさまざまな種類があつため、その中の1B1Dという物質が偏頭痛の発祥に影響しているという研究結果もあります。


しかし、最近では顔の神経をつかさどる「三叉神経」と呼ばれる神経が原因で血管が拡張し、血管の周りに炎症を起こすことで偏頭痛が起こるという説が有力視されつつあります。


この「三叉神経血管説」は頭蓋内に無数に存在する神経週末という部分が、何らかの原因によって刺激されることによって血管に作動性物質と呼ばれる物質が三叉神経から放出されることにより、血管が拡張してその血管の周りが炎症を発生させるという説です。


この炎症が脳に悪影響を催し、ひどい場合になると痛みや悪心、嘔吐などの症状を引き起こすとされています。


また、こういった偏頭痛が発祥するけっきけとしては精神的原因のストレス過多や睡眠不足。


女性特有の原因として月経の周期と何らかの関係があるとする場合もあります。


天候の変化によって偏頭痛が起こるというのはあまりにも有名ですが、急激な温度差が無意識のうちにストレスとなって偏頭痛を誘発するきっかけになっているのだとか。