耳鳴りはつらいものです。耳鳴りの原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

耳鳴りを放置しておくと重大な障害に


耳鳴りの原因は、いくつかあります。


まず多いのがストレスや睡眠不足によるものです。


ストレスや睡眠不足が続くと心身の疲労の蓄積から、一時的に耳が聞こえなくなる場合があります。


次に多いのが、加齢により耳の機能が衰えた事による耳鳴りです。


加齢により聴力が衰えると、聞こえが悪くなったり、高い音を聞いた時に耳鳴りが発生する事あるために注意が必要です。


その他としては、突発性難聴なども耳鳴りの原因になります。


突発性難聴は、突然片側の耳が聞こえなくなる病気で、原因についてはまだ解明されていません。


この病気は重くなると完全に耳が聞こえなくなるために注意が必要です。


以上のように、耳鳴りといっても軽いものから重い病気に発展するものまで様々です。


ですが、耳鳴りを放置しておくと、重大な障害に発展する可能性もあるために、早期に医療機関の診察を受ける事が大切です。


そのポイントとしては、半日以上耳鳴りが続く。


片耳だけ耳の聞こえが悪かったり、耳鳴りがする。


耳鳴りだけでなく、めまいがする。


以上のような場合は、耳になんらかの障害が生じている可能性があり、放置すると悪化する可能性があるために危険です。


すぐに耳鼻科の診察を受けるようにして下さい。


耳の病気は時間との戦いの面があり、早く治療を受ければそれだけ回復も早いのですが、治療が遅いと手遅れになってしまう事があります。


ですから、たかが耳鳴りだからと放置せずに、すぐに医療機関の診察を受けるようにして下さい。