耳鳴りはつらいものです。耳鳴りの原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

耳鳴りは加齢が原因で起こる


そもそも耳鳴りとはどういう症状のことかというと、周囲に音がないのにも関らず「キーン」とか「ジー」とか「ボー」といった音が聞こえてしまうことのことを言います。


人によっては片方の耳だけ耳鳴りがするという人や、頭の中で音がするという人もいます。


実はこの耳鳴りはどうして耳鳴りするのかは実はハッキリとはわかっていないのです。


だいたい、耳鳴りがどこから音をだしているかも科学的にわかっていないのです。


さて、この耳鳴りの原因にはいろいろな原因があります。


まず、一般的に耳鳴りの原因とされているのは「加齢」です。


「キーン」という高い音の耳鳴りは加齢によって耳の機能が衰えることによって生じることがとても多く、聴力が低下してしまい、今まで聞こえなかった周波数の音が聞こえるということが原因で、耳鳴りが引き起こされるという特徴があります。


「自分は若いから大丈夫!」と思っている人でも耳の老化は高齢者だけでなく、若い人にも当てはまります。


10代のときに聞こえるような、音の音域は20代、30代と年齢を重ねていくうちに聞こえなくなるので、耳の老化は早い段階から進んでいるので、もしも、あなたが耳鳴りで悩んでいるのなら、それは老化が原因かもしれません。


また、耳鳴りは難聴の前触れだったりもするので、耳鳴りで日常生活に支障がでるようなら病院にいって医師の診断を受けることをオススメします。


高齢のかたの耳鳴りは耳の機能が弱っている可能性が高いので、なるべく早めに病院にいきましょう!