耳鳴りはつらいものです。耳鳴りの原因を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

耳鳴りの原因 病気からの症状


耳鳴りの原因には病気と、病気以外があるようです。


よく知られているのが、耳鳴りに加えてめまい・立ちくらみがでる人もある《メニエール病》


耳鳴りが病気の症状としてでる、耳の機能や耳管の炎症や病気。


*耳管機能不全


*耳管炎(耳の病気)


*外耳道炎 などがあります。


また耳鳴りは難聴の症状にもなります。


急な耳鳴りがして、耳が聞こえにくくなる《突発性難聴》。


耳鳴りがするが、難聴は診察の結果では認められない《慢性難聴》。


服用していた薬などの副作用かららしい《薬剤性難聴》もあります。


難聴は自分にしか聞こえない《自発性》と、パイプなどでドクターにも聞こえる《他質的()》があります。


それ以外にも、神経からくる耳鳴りがあるようです。


神経腫・神経炎などの場合が神経などの病気からの耳鳴りです。


また、自律神経失調症でも身体の中の機能をコントロールが出来難いため耳鳴りがするようです。


身体の神経を健全に保ち、神経などの調子を整える自律神経失調症も、耳鳴がするらしいです。


これ以外にもラムセイ・ハンス病によるものもあります。


そして、耳鳴りがする事が症状で怖いと思ったのが、脳の外傷や腫瘍による耳鳴りです。


病気の症状として以外にも、後遺症によるものや生理的な事によるものなどもあるようです。


耳鳴りの原因も、耳管の炎症(病気)や機能不全、外耳道の炎症(病気)


耳鳴りのあとに、耳が聞こえにくくなる《難聴(急性・慢性)》。


自律神経失調症・神経炎や神経腫・脳の外傷や腫瘍によるもの。


耳鳴りの症状が、病気が原因もいろいろあります。


長く続く時には一応受診をお勧めします。