魚の目は辛い物です。魚の目の原因を知って、対策をたてましょう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

魚の目はどうしてできるのか


足の裏がとても痛いと思ったら、魚の目ができていた、なんてことはありませんか?


魚の目とは、皮膚の角質層が盛り上がっている状態です。ぷくっと少し盛り上がっていて、真ん中に半透明の芯があれば魚の目だと思います。


魚の目は自然に治ることはないため、予防がとても大切ですね。


魚の目ができる理由を知って、もう魚の目の痛さを味わわなくてもいいように、予防しましょう。


魚の目は、ほぼ足の裏にできます。


足の甲や、手のひらに魚の目がある人はほとんどいませんね。


ではなぜ足の裏にできるのかというと、それは足の裏には長時間に渡って摩擦や圧迫が繰り返されるからなんです。


つまり、長時間に渡る摩擦や圧迫といったものが、魚の目を作る原因なんです。


ただ突然魚の目ができるわけではありません。


摩擦や圧迫が繰り返し起こっているうちに、人間にある防衛反応によって、角質が厚くなっていきます。


それがさらに進行して、魚の目になるのです。


これらのことから、魚の目ができる原因は自分に合っていない靴を長期間履いているからではないかという意見もあるようです。


魚の目ができる原因というのは、私たちが日々積み重ねてきた体重の足へのかけ方、立ち方、歩き方などがほとんどです。


まずは、自分の歩き方にくせがないか、きちんと立てているかなど、初歩的な部分から見直していくことが大切だと思います。


魚の目ができなくて、姿勢や歩き方もよくなるので、まさに一石二鳥だと思います。