魚の目は辛い物です。魚の目の原因を知って、対策をたてましょう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

魚の目の原因は足にあっていない靴を履いていること


魚の目ができてしまうと、歩く時などに痛くなり、日常生活に支障がでてしまい、大変やっかいなものですよね。


魚の目は、タコとは違い痛みを伴います。


皮膚の一部が、慢性的な刺激によって、角質層が厚くなり、中心部分に魚の目のような芯ができ、皮膚の深いところまで入り込んで、圧迫され続けることで、痛みも増してしまいます。


魚の目は、1度できてしまうと、とても治りにくいので、魚の目ができる前に原因を知っておき、予防するように心がけましょう。


魚の目の原因の大半は、足にあっていない靴を履いていることが原因と言われています。


靴が足にあっていないと、足の指が圧迫されたり、すれてしまったりするので、それが原因で、魚の目ができてしまいます。


冷え症の方も、魚の目になりやすいと言われています。


血行が悪くなることで、皮膚が硬くなりやすくなります。


皮膚が硬くなれば、魚の目はできやすくなってしまいます。


他にも、姿勢や歩き方が悪いことで、魚の目ができてしまう場合もあります。


姿勢や歩き方が悪いと、足の裏が圧迫されることが増えるので、魚の目ができやすくなります。


通常は、足の指やその付け根にできやすいのですが、その他の場所にできてしまってる場合は、姿勢や歩き方が悪いと言えます。


また、姿勢が悪いと、血行が悪くなるので、それが原因の場合もあります。


魚の目は、原因を知っておけば、予防しやすいものばかりです。


魚の目ができる前に、これらのことを見直し、改善していきましょう。