魚の目は辛い物です。魚の目の原因を知って、対策をたてましょう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

魚の目ができるのは、皮膚を厚くさせるため


私は、足の指に魚の目ができています。


指はお姉さん指です。


普段はあまり痛みは気になりません。


しかし、靴によっては魚の目が痛いものもあります。


そのため、靴を買う時は必ず魚の目が痛くならないかチェックします。


なぜ魚の目ができるかというと、皮膚が厚くなるからです。


皮膚は、摩擦されると肌を守るために硬くなります。


それが魚の目の正体です。


本来は防御反応だった皮膚が、体を痛める事になるんです。


皮膚が摩擦される原因としては、歩く姿勢が悪くて、足に負担がかかってる事があります。


歩く姿勢を悪くしているのはハイヒールが原因の事もあります。


ハイヒールは足に負担がかかるため、疲れやすい靴です。


しかし私の場合は、私の小指に原因があります。


私の小指の爪は、何故か2枚生えています。


一枚は普通の爪ですが、その横から小さい爪が生えています。


その爪は厚く、先が尖っています。


足の爪を切るときは、その爪を切るようにしています。


しかし、小指の爪が伸びてるかなんて、毎日はチェックできません。


その結果、小さな爪は少しずつ大きくなり、先が尖っていきます。


尖った先は、お姉さん指の皮膚に当たります。


そのため、お姉さん指に魚の目ができてしまったと思います。


魚の目を除去するために、かかとをごしごしする道具で魚の目を削っています。


しかし、あんまり効果はありません。


靴を選べば魚の目は痛くないため、お医者さんに相談するべきか悩んでいます。


それか自己流で魚の目を除去するかも考えています。