魚の目は辛い物です。魚の目の原因を知って、対策をたてましょう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

魚の目は靴ズレで出来る事が多い


魚の目は殆ど足に出来ます。


なぜ足に出来るかと言うと、靴ズレが原因で出来る事が多いためです。


合わない靴を履き続けると、靴と足の皮膚がこすれたり、圧迫されます。


合わない靴をたまにはくだけなら、只の靴擦れですみますが、長期間はき続けると、だんだんと皮膚の角質が厚くなってきてきます。


そして硬くなってもりあがるんです。


これが、外に向かって盛り上がる分には問題ありません。


ただ硬いタコが出来た程度ですむのですが、魚の目の場合は、皮膚の表面じゃなくて、中に向かって盛り上がるから厄介なんです。


魚の目は、何かの原因で内側に角質が盛り上がっていき、真皮まで到達した時に、痛みが出るようになります。


中に出来た角質は芯があって硬いので、外からは取り除く事が難しいです。


無理にナイフで削って取る人もいるようですが、ケガをするリスクが高いのでやめた方がいいです。


ですが、そのまま何も治療をしないと、皮膚の中に硬い芯が残ったままなので、歩くたびに激痛が走ります。


これを治すには、皮膚の中に出来た芯を取り除く必要があります。


方法としては、魚の目専用の絆創膏が市販されているので、風呂上がりに張ってみましょう。


お風呂上がりの方が、皮膚が柔らかいので薬剤が浸透しやすく効果があります。


数日もすると、絆創膏の場所の皮膚が白くふやけてきます。


そして、中の芯もぽろりと取れるようになりますので、それまで絆創膏を張ったままにしておきましょう。