魚の目は辛い物です。魚の目の原因を知って、対策をたてましょう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

靴擦れが魚の目の原因


足に出来た魚の目、とても痛いですよね。


なんとなく違和感があったけど、気にせずそのままにしておいたら、いきなり激痛に教われたりして。


そんな厄介な魚の目はいったい何が原因で出来るのでしょうか。


調べてみた所、足の同じ場所が定期的に刺激されたり、こすれたりする事により、角質が厚くなる事が原因だそうです。


角質が厚くなり外に盛り上がっていくのが、タコで、魚の目の場合は、反対に内側に盛り上がっていきます。


内側に盛り上がっていくと、次第に真皮まで角質がつきでてしまいます。


そこまでなると、魚の目の部分を刺激したときに、激痛が走るようになります。


魚の目が出来た場合は、魚の目治療の絆創膏などをはって、角質部分を柔らかくして取り除くといいでしょう。


また、魚の目が出来るようになった原因を考える事も大切です。


魚の目の原因として多いのが、靴擦れです。


サイズが合わない靴をはき続けたために、靴と足が定期的にこすれて、その部分の角質が厚くなったいき、次第に魚の目にかわってしまうのです。


ですから、もし靴擦れが原因で魚の目になったのなら、魚の目を治療しても、また靴擦れから魚の目になる可能性があるのです。


そうならないように、靴を取り替え、靴擦れにならないようにする事も大切です。


魚の目は小さくてもとても痛いですし、放っておくと歩けないくらい痛みがひどくなる場合もありますので、早めに治療をし、原因を断ち切る事が大切となります。