魚の目は辛い物です。魚の目の原因を知って、対策をたてましょう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

魚の目の原因は歩き方


魚の目は大きくなってくると激しい痛みに教われて、歩く事もままならなくなります。


そんな魚の目はなぜ出来てしまうのでしょうか。


調べてみると、魚の目とは皮膚の角質が厚くなったものらしいです。


角質が厚くなったものといえば、足のかかとのかさかさが思い浮かびませんか?


あれも角質が硬くなったために出来るんです。


魚の目も同じように角質が厚くなったり硬くなって生じるのですが、原因は靴で同じ部分がこすれてそこが硬くなるために出来るんです。


サイズがあわない靴を吐き続けたり、骨盤がずれる事により、歩き方がぎこちなくなった事により、足の裏の同じ場所をこするようになります。


それによって、角質が厚くなってしまうのです。


角質が皮膚の表面に厚くなる分には、痛みは発生しないのですが、皮膚の中に向かって盛り上がっていくと、次第に真皮に角質があたり、痛みが生じるようになります。


真皮に角質があたるようになると、その部分を外から触ったり、押したりすると激痛が走るようになります。


ですから、魚の目が出来たらなるべく早めに処置する事が肝心です。


魚の目の取り方ですが、魚の目治療の絆創膏などが薬局にありますので、お風呂上がりにそれを塗ってみましょう。


大抵の場合はそれくらいで治りますが、なかなか良くならない場合は皮膚科で診察を受けてみて下さい。


また、ナイフで削り取ってしまう方もいるようですが、ケガをする原因となりますので、絶対にやめましょう。