小尻になるのは難しいもの。女性のあこがれの小尻になる方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

柔軟性を高めて小尻になる


お尻は年を重ねていくにつれ筋肉が衰えて、筋肉と脂肪を繋いでいる組織が弱くなり、垂れ下がっていきます。


また、お尻の筋肉が固いと骨盤が歪んでしまい、お尻の形も崩れてしまいます。


股関節の可動範囲も狭くなり、お尻と太腿の境目が無くなって扁平な形になったり、足の付け根が横に出っ張ってきて、ジーンズなどか履けなくなる場合もあります。


特にお尻は脂肪が付きやすく、その脂肪が落ちにくい部分でもありますので、ストレッチでお尻の筋肉の柔軟性を高めて、骨盤を正常な位置に戻してあげる事が大切です。


スポンサードリンク



小尻になる方法は幾つかあるので挙げてみます。


①仰向けの状態で片方の膝を曲げて、大腿の上にもう片方の足を乗せます。


下になっている足の大腿の裏側に両手を回し固定します。


②固定した方の大腿を引き寄せて、身体を少し起こします。


お尻の筋肉の伸びを感じながら左右共にストレッチします。


①床に座り、両手を後ろへ付きます。


片方の足を曲げ、もう片方の足を曲げて反対の足に乗せます。


②身体を丸めずに、乗せた足に身体を近づけていきます。


お尻と足の付け根が伸びているのを感じながらストレッチします。


①四つん這いの状態で片方の足を後ろに伸ばします。


②伸ばした足の足裏を上に向けながら、上に上げていきます。


下ろす時は床に付けずに上げ下げします。


①肘をついて手で頭を支えて、横向きになります。


上になっている足を、下の足を跨ぐように前に置きます。


この時、下になっている足は伸ばします。


②伸ばしている足を上に上げます。


内ももが伸びているのを意識しながら上下させます。


どの方法も左右共に10回以上繰り返すと効果的です。