小尻になるのは難しいもの。女性のあこがれの小尻になる方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

小尻になる方法は、バレリーナのポーズをする事


今日、ブラックスワンという洋画を見ていたら、バレリーナってお尻がちっちゃいなぁと思いました。


ちっちゃいというか、お尻がない、目立たないんです。


しかも引き締まったお尻で、めちゃめちゃ羨ましかったです。


そこで思いだしのが、小尻になるには足をピンっとあげるといいと聞いた話です。


バレリーナは足を後ろにピンっと上げてるつま先立ちをします。


このピンっと足をつきだす動作をすると、お尻の下の方にある肉が上にあがります。


スポンサードリンク



そうすると、お尻が小さくなるそうです。


そしてバレリーナのようなコンパクトなお尻になるんです。


また、お尻が上に上がる事でお尻の面積が狭くなるため、足が長く見えます。


この方法はお尻を小さくし、足まで長く見えるようになるいい方法なんです。


しかし、短期間で小さくなるとは限りません。


ある程度は足を上げて、お尻と股の間の筋肉を鍛えないとダメです。


バレリーナのような鍛えた体は、短期間ではないんです。


もう1つ、お尻を小さくする方法があります。


これもストレッチです。四つん這いの格好をし、足を片方づつ上げます。


この方法もお尻と股の筋肉を使い、お尻を鍛える事ができます。


私は両方やってみたんですが、こっちの方がキツいです。


これもバレリーナのようなお尻になるためには効果的だと思います。


お尻の脂肪は落としにくいです。私もお尻が大きいのが悩みなんです。


なのでエクササイズで、バレリーナのような小さいお尻を目指して頑張ろうと思います。