血糖値があがると糖尿病になる危険が!血糖値を下げて、糖尿病を予防しよう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

血糖値を下げる方法《食事での心がける点》


血糖値が高いと、ご飯を食べないという人がいると思います。


でも食事を抜くと、身体に必要なエネルギーや栄養素が、補えなくなります。


だからといって、病院の治療食なみの食事を家ではちょっとと思います。


実は血糖値を下げるには、低カロリーの野菜の多めの食事をとる。


食べ方順番を変える事で下がるみたいです。


食事は低カロリーの食材の、こんにゃく・寒天・海藻・きのこ・山いもを使ったおかずなどを取り入れます。


野菜をよく食べる事で、食物繊維が糖の吸収をゆっくりにして、お腹もなんとなく満腹感を感じます。


野菜が最初で、次にタンパク質などの多いおかずを食べてから、最後にご飯を食べます。


血糖値が食後にあがるのは、カロリーや栄養素の多い方から食べるからかもしれないと、調べてみて気づきます。


食事の内容は同じ物でも、食材と食べ方だけでも実は血糖値がおさえれるみたいです。


家で食事をするときに、料理を出す順番を、野菜のおかずから出して、その後にタンパク質などのを出してもいいかなと思います。


居酒屋さんなどに行くと、野菜の小鉢が最初に出てきます。


日本食や和食を出してるお店や、旅館などの宿泊施設も最初は野菜の小鉢から出してくれます。


どちらもお酒を飲む方が、お客様になります。


でも血糖値が上がって救急車は、あまり聞かないです。


日本食や和食は、メニューの構成が野菜と魚の料理から始まっています。


血糖値を気にする時代になったのは、終戦後になって食事が欧米化して、肉をよく食べ出してからと思います。


野菜や和食を中心とした、野菜を少し多めに最初に食べる、日本食の文化を見直して血糖値を下げる。


野菜を最初に食べる食べ方で、血糖値を下げて健康管理をしましょう。