血糖値があがると糖尿病になる危険が!血糖値を下げて、糖尿病を予防しよう。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

血糖値は、運動と食事で下げよう


近年、「食の欧米化」が言われて、肉類や油っこい物が主流の食事になっています。


肉類や油っこい食事、炭水化物などを取り過ぎると、血液内のブドウ糖が高くなり、血糖値が上がってしまい、肥満や糖尿病の原因にもなります。


そのため、普段から血糖値を下げるように気をつけた方が良いでしょう。


血糖値を下げる方法は、主に2つあります。


血糖値を下げるのに効果的なのが、第1に運動です。


運動、それも「有酸素運動」を、血糖値が1番上昇する食後に、30~1時間程度行うのが、ベストタイミングです。


「有酸素運動」は、血液中のブドウ糖を使って消費させられるので、血糖値を効率よく下げる効果が期待できます。


運動はまた、「毎日行う」ことが大切です。


ウォーキング程度の運動で十分ですので、継続する事を目標にしましょう。


また、運動をするとストレス解消になります。


ストレス解消も、血糖値を下げることが分かっているので、やはり運動は必要なのです。


次に、食事に気をつけるようにしましょう。


甘い物、揚げ物、肉類、は控えて、野菜や魚中心のバランスの良い食事を、規則正しく摂ることが重要です。


白米、パンといった主食の炭水化物は、ブドウ糖の元ですが、取り過ぎると血糖値を上げてしまうので、気をつけましょう。


積極的に摂った方が良いのが、野菜です。


血糖値を下げる食べ物としては、ミネラルが豊富な物が良いでしょう。


ミネラルの豊富な海藻類、生で食べると血糖値を下げる効果が高い成分「イソアリイン」を多く含む玉ねぎ。


ごぼうやオクラといった、食物繊維が豊富な野菜も、血糖値の上昇を抑える効果があります。


食事の時には、この食物繊維の多い野菜を最初に食べて、お腹を落ち着かせると、血糖値の上昇が緩やかになります。


また、腸内バランスを整える事も有効です。


その為、納得や味噌、ヨーグルトなどの発酵食品を多く摂ると良いでしょう。


血糖値を下げるには、運動とバランスの良い食事の両方が大切です。


ストレスを溜めず、毎日適度な運動をして、血糖値を上げないような生活をしましょう。