歯を白くすると健康的で清潔に見えます。歯を白くする方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

ベーキングソーダで歯を白くする


黄ばんだ歯は、笑った時にイメージ台なし。


やはり、白い歯でいたいですよね。


でも、歯医者さんでホワイトニングしてもらう時間もお金もない、という人は、自分で歯を白くしてしまいましょう。


まずは、週に1回、ベーキングソーダを直接歯ブラシに小量付けて、歯磨きしましょう。


ベーキングソーダは、歯磨き粉にも入っている成分ですから、安心して使えます。


また、赤ワインやコーヒー、紅茶などは、歯の着色汚れの原因であることは、有名だと思います。


ですから、これらの飲み物を飲む時には、ちょっと工夫をしましょう。


スポンサードリンク



赤ワインを飲む時は、先にチーズを食べて、着色汚れの原因であるステインが多い赤ワインから、歯を守るようにしましょう。


赤ワインとチーズの相性は抜群ですから、赤ワインをおいしく楽しみながらも、歯もキレイに保つことができます。


コーヒーを飲んだ時には、飲み終わった後、すぐに30秒水でうがいをすると、着色汚れを防げます。


また、コーヒーや紅茶には、ミルクや豆乳などを入れて飲むようにすると、歯の表面の着色汚れを軽減することができます。


その他の飲み物では、炭酸飲料が歯のエナメル質をとかしてしまうのが有名です。


これは、砂糖なしの炭酸水でも同じです。


炭酸水を飲んだ後は、水を飲んで洗い流せばOKです。


食べ物にも気を使いましょう。


オレンジの皮は捨てないで、白い部分で歯を擦ると、歯の表面の歯垢を取って、白くしてくれます。


また、オヤツにセロリやニンジンの野菜スティックを食べると、セロリの食物繊維や、ヤスリのようになっているニンジンの表面がスクラブ代わりになって、歯の表面の着色を落としてくれます。


健康的な歯を目指すなら、ミントの葉で、歯を擦りましょう。


ミントが歯垢を除去して、着色汚れから歯を守ってくれます。


これらの方法は、歯を白くするだけでなく、虫歯の予防にもなりますから、ぜひ実行してみてください。