歯を白くすると健康的で清潔に見えます。歯を白くする方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

白い歯になりたいあなたへ


歯磨き粉などののCMって歯がきれいなタレントさんが多いですよね。


一昔前は歯は黄色いほうが健康だ、と思っている方もいました。


しかし、今では安全に歯を白くできる技術が一般的になり、世界中でもホワイトニングという言葉も浸透してきたため、白い歯のほうが「健康に気を使っている」と好印象を与えるのではないでしょうか。


あんなきれいな、白い歯になりたい!と憧れる方も多いと聞きます。


実は私もその1人。


だから調べてみました。


まず日常的に口に入れるタバコ・コーヒー・カレーなどの「着色性の食品」を食べると歯に付着・着色します。


スポンサードリンク



この「着色」は重曹で歯を磨くと落とすことができます。


ある程度白くすることができるのが、ドラッグストアなどで販売されているホワイトニング用の歯磨きやホワイトニングジェル。


費用は安くすむけれど、その効果は限定的。


歯の表面が黄色くなっている場合は、クリーニングで白くすることができます。


クリーニングはほとんどの歯科医院(クリニック)で受けることができます。


ただし元々の歯の色に戻すだけで、それ以上に白くすることはできません。


クリーニングで元の歯の色に戻した後に、さらに白くしたい場合はサロンで受けることができる「ホワイトニング」。


歯の明るさを上げて白くする方法なので、ナチュラルな感じで白くすることができます。


最近では日本でも白い歯の人気が高まっています。


さらに最近発表された研究では、ホワイトニングをした歯は、していない歯に比べて虫歯になりにくいとも言われているそうです。


好印象なだけでなく、実際に健康な白い歯。


歯を白くして、健康な歯も手に入れましょう。