歯を白くすると健康的で清潔に見えます。歯を白くする方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

歯のホワイトニングをしてくれる歯磨き粉を使おう!


歯は、元々真っ白ではありません。


日本人の歯は、クリーム色っぽいのが自然な色です。


しかし、歯は、加齢や食べ物や飲み物、タバコなどで黄ばんできてしまいます。


黄ばんだ歯は、不潔に見えるだけでなく、老けて見えてもしまうんです。


歯の黄ばみの元は、コーヒーや赤ワイン、お茶に含まれるタンニンやポリフェノールです。


またタバコも、もちろんヤニが歯を黄ばみやすくしてしまうのです。


タバコは、健康面からも禁煙した方が良いですが、コーヒーやお茶は飲むのは止められないですよね。


スポンサードリンク



そこで、その歯の黄ばみ、毎日の歯磨きで防いでいきましょう。



歯のホワイトニングをしてくれる歯磨き粉は、「ステインクリア」という歯の着色汚れを落としてくれる効果のある物を選びましょう。


今は、歯をホワイトニングしてくれる歯磨き粉はたくさん出ていますよ。



例えば、「高清掃シリカ」と呼ばれる「無水ケイ素」という成分が入っているものは、まず、歯に着いたステイン=着色汚れを落としてくれます。


次に、「スルホコハク酸2Na液」という成分は、着色汚れに染み込み、溶かし出してくれて、なおかつ、新たに着色汚れが着くのを防いでくれます。


このように、着色汚れを効率良く落としてくれて、新しい着色汚れが着くのを防いでくれる成分が入った歯磨き粉を選んで、毎日根気よく歯磨きをすることが、ホワイトニングに繋がります。


また、歯磨きは毎食後が理想的ですが、それが無理な時は、最低でも就寝前の歯磨きだけは行うようにしましょう。


睡眠中は、唾液の分泌量が減り、細菌が繁殖しやすくなるんです。


お肌に水分量が大切なように、口の中も唾液の量は大切です。


虫歯予防のためにも、就寝前の歯磨きは、習慣にしましょう。


歯磨き粉は、研磨剤の入っていない物を選び、フッ素入りであれば文句なし!



ホワイトニングと虫歯予防、一緒に防いで、美しい歯でいたいですね。