ニキビに悩む人はかなりいます。ニキビを治す方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

ニキビの進行状況に合わせたケアーで、治そう


ニキビは思春期くらいの年齢から、顔や身体に出始めたりします。


環境が変わった事からのストレスや、睡眠不足や食生活での影響。


洗いのこった石鹸やソープなどで、皮脂が毛穴に詰まって出るようです。


とくに身体に部分的に出るニキビは、洗った後のボディーソープでの場合もあり、洗った後のボディーソープは、きれいに流すようにしましょう。


ですか、顔のニキビは進行性な場合が多いので、進行状況をみながらのお手入れがポイントです。


基本的にはつぶさない、触らないで、増やさないがいいとききます。


ですが、つぶしちゃった場合には消毒液で消毒します。


最近は安く買える拡大鏡などで、鏡の前で肌の状態をみながらニキビの状態を見てください。


ニキビは、最初は毛穴が目立ってから白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄色ニキビと進みます。


黄色ニキビは、毛穴の奥に膿を持っていたりして痛みがあったりします。


白ニキビ→黒ニキビくらいで、ケアーしましょう。


白ニキビ・黒ニキビは安全ピンをアルコールか熱湯消毒して、ケアーに使います。


手をきれいに洗った後、白ニキビは少し下側を、黒ニキビは中央を針先で傷を入れます。


安全ピンの輪の部分で、上から軽く滑らしていき皮脂(脂肪)を出します。


綿棒に消毒液(赤ニキビは酢かクエン酸)で、消毒して保冷剤で冷やします。


赤ニキビは炎症があったりする場合もあります、炎症があれば先に保冷剤で冷やしてください。


その後、消毒した安全ピンでおして膿をだして、ニキビの薬か酢かクエン酸をつけてください。


ですが、無理やりださない事と膿や出血のある場合は、ニキビ用の薬をつけて使ってください。


お金を抑えてセルフケアーで、ニキビを治したい方は参考にしてください。