風邪は長引くと辛い物です。風邪を早く治す方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

ビタミンCで風邪を早く治す


風邪を引いてしまうと、体はダルくなりますし、熱や鼻水、咳などがでてとても辛いですよね。


ずっとボォーっとして、集中もできないので、仕事などにも影響が出てきてしまいます。


早く治したい!と思うのは、誰もが思いますよね。


では、風邪を早く治す方法には、どんなものがあるかというと、まずは、体を温めて、免疫力を高める必要があります。


ウイルスは高温になると、弱まります。


そのため、体はウイルスをやっつけようと熱を出すのです。


スポンサードリンク



あまりに熱が高い(40度以上)場合は、解熱剤などで下げる必要がありますが、38度くらいの場合は、下げてしまうと、かえって長引く可能性もあります。


汗をかいた場合は、こまめに着替えをしましょう。汗が体温を奪ってしまうので、体温が下がってしまいます。


他には、水分をとり、消化のよいものを食べましょう。


風邪を引くと、水分が不足します。こまめに、水分を摂取しましょう。


消化のよいものを食べる理由は、消化にエネルギーを使ってしまうと、風邪を治す方に、エネルギーが回らなくなってしまうからです。


また、ビタミンCをとることも大切です。


風邪を引くと、ビタミンCを大量に消費するので、不足してしまいます。


緑黄色野菜や肉、卵、チーズ、レモンやイチゴに多く含まれていますが、これらの食品は消化にあまりよくありませんので、サプリメントなどを飲むことをオススメします。


他にも、湿度を高くし、温かい部屋でゆっくり過ごしましょう。


ウイルスは、湿度を嫌いますので、ウイルスの嫌がる環境で過ごし、安静にしましょう。


風邪を早く治して、元気な体を取り戻しましょう。