風邪は長引くと辛い物です。風邪を早く治す方法を紹介します。

美容と健康ナビ

健康の大切さ、美容の大切さ、いろいろな事を紹介します。参考になれば幸いです。

▼MENU

風邪を早く治すには薬を飲まない


風邪はウイルスによる感染症状です。


風邪の原因ですが、90%以上がウイルスで、残りがβ溶連菌やインフルエンザ菌などの細菌とマイコプラズマです。


ですから、風邪の原因はほとんどがウイルスと言って良いでしょう。


人に移る感染症には、ほとんどの場合、その病気を起こす細菌を死滅させる薬が開発されていますが、風邪にはそれがありません。


つまり、風邪に効く薬はないのです。


風邪の二次感染で、気管支炎や肺炎を起こした場合の原因は、ウイルスではなく細菌ですから抗生物質を使用します。


スポンサードリンク



また、風邪薬を飲んでも、まず効かないでしょう。


風邪をひいたら薬を飲んでも飲まなくても、治るまでに約1週間はかかるのです。


風邪薬は、いわゆる「混ぜ薬」で、解熱剤や鎮痛剤を中心に、あれこれとビタミンCを混ぜたものなのです。


風邪薬を飲んで熱を下げて、少し気分を良くしようというものなのです。


風邪は疲れた時など、身体が弱っている時にひきやすいです。


よく風邪をひく人は、いつも身体の状態が良くないわけですから、以下のように回復させましょう。


・睡眠を充分にとる


・欠食せずきちんと食べる


・バランス良く食べる


・普段から薄着に慣れて、皮膚を鍛える


・帰宅したら必ずうがいをする ・人が多い場所を避ける


・暖かくしてゆっくり休む


・水分を十分にとる


・消化の良い物を食べる


これを守っていれば、1週間経ったら元の元気な身体になります。


風邪をひいたらどうすれば良いのかを知って、風邪薬や解熱剤を使用せずに、食べ物と休養で治す事が、風邪を早く治す事に繋がります。